ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOMEスタッフブログ FOOMA JAPAN 2017国際食品工業展に行ってきました!!

FOOMA JAPAN 2017国際食品工業展に行ってきました!!


今年もやってきましたよー!
FOOMA JAPAN2017国際食品工業展です!(^0^)/

 

はろび~☆(^∀^)/

みなさんこんにちは、ビバ男です!

 

今年もFOOMA JAPAN国際食品工業展が、ここ東京ビッグサイトで行われました(≧∇≦)

三菱重工冷熱としては、今年が二度目の出展となります。

今年は自然冷媒であるCO2を採用した業務用ノンフロン冷凍冷蔵コンデンシングユニット

「HCCV1001」を出展しました(^0^)/


 

10時から始まった受付には、早くも大勢の来場者が!

ビバ男もさっそく行ってきます(`・ω・´)ゞ

 

三菱重工冷熱ブースは入り口近くの1C-14にありました!

すでにお客様の姿があり、説明員のみなさんも忙しそうです(・□・;)

 

いざ見学ー! と、その前に、とりあえず受付のお姉さんに抱っこしてもらうことにします(*´ω`*)

今日はよろしくお願いしまーす♪

 

さあ!やる気出ましたよー!!

 

最初にご紹介するのは、今回の見どころであるCO2単独冷媒の冷凍冷蔵コンデンシングユニット

「HCCV1001」です(・∀・)/

使用温度領域は+10℃から-35℃、主に冷蔵倉庫や食品会社の保管庫向けの製品です。

 

自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機「Q-ton」でも採用されているこちらの「スクロータリーコンプレッサー」は、

低圧力比に優れたロータリー圧縮方式と、高圧力比に優れたスクロール圧縮方式を組み合わせた、

世界初となる2段圧縮機です!

 

CO2冷媒単独で低温を作り出すには高圧縮が必要になりますが、

この「スクロータリーコンプレッサー」の採用により、安全性と高効率を実現しました!

 

さらにガスインジェクションサイクルの採用で効率を高め省電力を実現しました。

ちなみに、「HCCV1001」はQ-tonの外形と同一なので、混在して設置する場合、

側面連続設置が可能です(^∀^)/

 

こちらは「HCCV1001」のユニットクーラです(・∀・)/

オイルポッド(油溜め)の設置により圧縮機の給油を確保することで、コンデンシングユニットと

ユニットクーラ間の配管の長さは最大100mを実現!

高低差は22mまで使用可能となりました(^0^)/

 

また「HCCV1001」は自然冷媒採用のため、フロン排出抑制法にかかる点検等は、もちろん不要です(^∀^)

(フロンに関しては平成27年4月からフロン排出抑制法が施行され、フロン類を冷媒とする業務用冷凍・

空調製品は第一種特定製品としてその管理者には点検が義務付けられました)

フロン排出抑制法について詳しくはこちら

 

様々な温度域の荷捌室や冷凍冷蔵保管庫、食品工場内保管庫などにご利用いただけます。

 

ここからは、パネルでのご紹介です(・∀・)/

 

新型ターボ冷凍機「ETI-Z」はオゾン層破壊係数ゼロ、地球温暖化係数(GWP)1の新型冷媒

HFO-1233zd(E)を採用した超低GWP冷媒の次世代インバータターボ冷凍機です!

高速モーター直結型圧縮機を採用することで、駆動に伴うエネルギー損失を減らして高性能化を実現しました!

さらに、熱源総合制御システム「エネコンダクタ」で管理すれば、

熱源システムのトータル制御で大幅な省エネを可能にします。

 

こちらは「個別式差圧凍結・冷却庫」と「差圧冷却システム」のご紹介です(・∀・)/

多品種の同時製造や部屋ごとの冷却、各部屋の個別制御が可能で、

お客様の仕様・条件に合わせて設計・製作しています。

納入した某食品工場では、従来の差圧冷却庫では+20℃以下の到達時間が60分だったのに対し、

こちらの個別式差圧冷却庫では35分と約40%も短縮されました!

 

こちらは連続凍結装置「サーモウェーブ・ダッシュフリーザー」と

自然冷媒CO2/NH3冷凍システム「C-LTS」のご紹介です(・∀・)/

「C-LTS」で使用するNH3は少量で、循環する距離は冷凍機ユニット内のみとなっており、

食品を通すフリーザーには無害・無臭のCO2が循環しているため安心・安全にご利用いただけます(^-^)b



 

「C-LTS」は、CO2とNH3を熱交換させることで、NH3の高い冷媒性能をそのままに、

-45℃~+10℃まで幅広い温度域でご利用いただけます。

小型倉庫や冷凍庫の前室などの用途には「HCCV1001」が、

大型倉庫にはこの「C-LTS」が活躍します(^0^)/

 

ブースでは動画でも詳しくご紹介していました(^-^)

動画でのご紹介はこちら

 

今回ご紹介した自然冷媒CO2業務用コンデンシングユニット「HCCV1001」は環境にやさしいだけでなく、

従来冷媒HFCを使用したユニットと同様の扱い易さを備えています(・∀・)

自然冷媒の「HCCV1001」や「C-LTS」、そして超低GWP冷媒のターボ冷凍機「ETI-Z」など、

冷凍冷蔵倉庫やスーパーマーケットだけでなく、工場設備へも適用拡大していくことにより、

地球環境保全に貢献していきます。

 

三菱重工冷熱ブースに足をお運びいただいたお客様、どうもありがとうございました!

これからも三菱重工冷熱製品を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

それでは皆さん♪BYE BEAVER(^0^)/~~~☆

 

【今回ご紹介した製品】

CO2冷媒 冷凍冷蔵コンデンシングユニット「HCCV」

自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機「Q-ton」

ターボ冷凍機「ETI-Z」

熱源総合制御システム「エネコンダクタ」

連続凍結装置「サーモウェーブ・ダッシュフリーザー」

自然冷媒CO2/NH3冷凍システム「C-LTS」

 

【C-LTS納入実績】

株式会社江間忠ホールディングス 様

株式会社ニチレイフーズ 船橋第二工場 様

株式会社二葉 南港冷蔵物流センター 様

横浜冷凍株式会社 石狩第二物流センター 様

株式会社ロッテ 浦和工場 様

*庫内製品の乾燥焼けを防ぐため、横浜冷凍株式会社様では、

二重天井による間接冷却を利用した、

ノンドライ・ストレイジシステムをご採用いただいております。

ページのトップへ戻る