ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOMEスタッフブログ 大和工場見学に行ってきました!

大和工場見学に行ってきました!

 

ビバ男の工場見学シリーズ第二弾!

三菱重工冷熱 大和工場に行ってきました!!O(≧∇≦)O

 

はろび~☆(^∀^)/

みなさんこんにちは、ビバ男です!

本日は旧東洋製作所の大和事業所である、大和工場に来ています(^0^)/

東洋製作所と三菱重工冷熱は2015年7月に統合し、

その製造・メンテナンス技術は現在もここ大和工場で引き継がれています!

 

さっそくですが、ビバ男、雪国体験中~(≧∇≦)♪

まるで本物の雪みたいに、ふわふわと降ってきています・・・。

とってもキレイ~(*´∀`*)

 

この人工雪を降らせている装置は、「スノーファンタジー」です(・∀・)

天然の雪結晶の成長という大きな空間のできごとを、コンパクトに行う装置です。

スキー場などで降らせている通常の人工降雪は氷を細かく砕いたものを降らせていますが、

この「スノーファンタジー」では、本物の雪と同じような樹枝状の結晶を持つ雪が作られているのです(・0・)

触ってみると、確かに本物の雪と同じようにふわっと柔らかく、すぅっと溶けていきます。

雪を作ることができるなんて、すごいな~(゚0゚ )

 

次はこちらの「エコウォーム」です(・∀・)

排熱回収ヒートポンプシステム「エコウォーム」は、冷温水の同時製造が可能!

排熱からヒートポンプで熱を回収し、60℃から最高90℃の高温水を製造できます!

食品工場や温浴施設、病院、ホテルなどで活躍しています(^0^)/


 

こちらは環境試験設備です(・∀・)

ビバ男が入っているこの大きなボックスは、自動車、オートバイ、スノーモービルなど、

高速移動体の環境試験用として、自然環境での実走行状態をシミュレートするための環境風洞装置です。

 

ここから、風や人工雪が吹き出されます。

ビバ男なんて、あっという間に吹き飛ばされちゃうのかな(>_<;;

 

こちらは太陽近似光日射試験設備です(・∀・)

太陽に近似したランプの開発により、各種暴露試験等において、自然界に近い環境が再現できます。

 

三菱重工冷熱の環境試験装置は、酷暑のアフリカから極寒の南極までの気象を再現します(・∀・)

さまざまな環境条件を人工的に作り出し、その中で試験することで、

その環境で十分作動するか、製品に問題点がないかを検査することができます。

 

さて、ビバ男はどこにいるでしょうか!?

 

こちらは半無響室です(・∀・)

この部屋に入って分厚い扉を閉めた瞬間、耳がギュッてふさがる感じがしました(*Д*)

この部屋で拍子木を打たせてもらうと、「カンッ」って堅く短い音がしただけで、すぐに静かになりました。

反対に、この部屋の隣に設置された反響室で打った拍子木は、

「カーーーーン・・・!」と大きな音がして、音が長く伸びていました。  

 

こちらは食品プラント研究室です(・∀・)

なにか美味しいものあるかな~(o´∀`)


 

ここでは様々な加工食品に関する試験が行われています。

向こうの壁に設置されているのは、何をする装置でしょうか?


 

こちらは「サーモ・ウェーブ・ダッシュ」フリーザーをはじめとするスパイラルフリーザー、

バッチ式凍結庫などあらゆるタイプのフリーザーの凍結を再現する装置です。

なかでも「サーモ・ウェーブ・ダッシュ」は、上下スリット吹出しですばやく食品を凍結するフリーザーで、

環境にやさしい自然冷媒を使用するCO2/NH3冷凍ユニットに対応するフリーザーです。

この扉の中に食品を入れると、上下吹スリットから高風速で冷風が吹き出し、

ビバ男たちにおなじみの冷凍食品があっという間に出来上がります!


 

食べ物の話をしてたら、ビバ男おなかすいてきちゃった(´・ω・`)

ちょうどお昼の時間なので、食堂に向かいたいと思います!

 

大和工場の食堂にはA・B・Cの定食メニューと、カレーや麺類もあるよ!(・∀・)

今日のメニューは「A酢豚」「Bサーモンフライ」「Cタンドリーチキン」ですね~。

ビバ男はお魚が好きなので、B定食にしました(*^0^*)


 

わー!すごいボリュームです!(⦿0⦿;)

枇杷島製作所の食堂もそうでしたが、やっぱり力仕事をしている人はいっぱい食べて力をつけるのです!

小鉢はいろんな種類があって、好きなものを選べました。ビバ男は菜の花のおひたしにしました(*´∨`*)


 

ふぅ~おなかいっぱい~おいしかった~(●´∀`●)

お昼休みに敷地内をお散歩していたら、食堂の奥に株式会社トーマスの建物発見!

株式会社トーマスは、人材派遣業並びに保険代理業をはじめ社員食堂の運営など幅広いサービスを提供していて、

もちろん三菱重工冷熱もお世話になっています(^-^)

 

 

さて!工場見学午後の部です!

いよいよ製品を作っている現場にやってきましたー!(^0^)

ここではどんな製品を作っているのかな?


 

ビバ男の乗っているこのコイル状のものは、空気熱交換器用の銅管です。

いろいろな種類の銅管が揃っていて、これを必要な長さに切って加工します。


 

銅管を曲げてアルミのフィンと組み合わせた空気熱交換器がこちらです(・∀・)

銅管に冷やした(暖めてた)冷媒を通して、熱交換器に風を吹き付けると、

冷たい(暖かい)風が出てきます。これが、エアコンの仕組みです(^-^)b

 

こちらは風を送るためのファンの一部です(・∀・)

外側に取り付けられた羽根の釣り合いが良くないと回転がぶれてしまうのですが、

それを調整するには熟練の技が必要なんだそうです!


 

ここは部品を溶接して組み立てる場所です(・∀・)

後ろではバチバチ火花が飛んでいました!

ビバ男、おじゃまにならないようにしなくちゃ(@0@;)


 

後ろの機械で鋼板に穴を開けています。

操作する機械のそばには注意書きが貼られていて、

みなさん細心の注意を払って作業しているのがわかります。


 

穴の開いた鋼板を折り曲げて、部品の完成です。

これらの部品は空調機の骨組みになります。


 

上で作られた部品を組み合わせていきます。

ここで作られていた製品は、セントラル方式空調機TUCシリーズでした(・∀・)

いわゆる、エアハンです!すごーい!こんなふうに作られていたんだー(≧∇≦)


 

完成された製品は梱包されて、それぞれ出荷されていきます。

あ、ビバ男も出荷されちゃう(;Д;)


 

こちらは第二組立工場です(・∀・)

ここではどんな製品が作られているのかな?


 

まっ黒なこのチューブは、大型冷凍機の配管に巻かれる防熱材(保温材)です。

配管に巻きつけることで断熱効果を上げることができます。

微妙なカーブも隙間なくぴったりつながっているのは、

職人さんが熟練の技術で手作業で作っているからなのです(・0・)


 

大型冷凍機を組み立てているその奥が、メンテナンスを行う場所です。

熱源装置から空調設備まで、一貫して生産・メンテナンスできるのが三菱重工冷熱なのです(・∀・)


 

ここでは高温多湿作業環境改善用スポットクーラー「助っ人」も製造しています(・∀・)

キレイなブルーの製品は「助っ人」の兄弟になる除湿機だそうです!


 

こちらが主役の「助っ人」です。

ああ~ビバ男また出荷されちゃう(;Д;)


 

工場内でもスポットクーラー「助っ人」は大活躍です!

「助っ人」は設置場所を選ばず施工不要!必要な場所への局所冷房を実現します(・∀・)


 


ここは完成された空調機をお客様に確認してもらうための立会場です(・∀・)

実際に運転して問題のないことを確認しています。


 

今日もいい見学させてもらったなー(*´ω`*)

屋上の空冷ヒートポンプモジュールチラー Voxcel(ボクセル)と共に、一日を振り返るビバ男でした。


 

枇杷島製作所を見学させてもらった時にもそうでしたが、

製造やメンテナンス、物流など、現場で働く人たちの姿を見たり、

その場の雰囲気を感じたりすると、ビバ男も身が引き締まる思いになります。

 

いつか営業やサービスのお仕事についてもリポートしてみたいと思います!(`・ω・´)

もうすぐ夏!ビバ男もビーバーエアコンと一緒に夏に向けて頑張るぞー!


それでは皆さん♪BYE BEAVER/~~~☆

 

*今回ご紹介したエアハンの導入事例はこちら*

・京橋エドグラン 様 (京橋二丁目西地区第一種再開発)

・東京国際フォーラム 様 (有楽町)

・伊勢丹新宿店 様 等

 

スノーファンタジーについて詳しくはこちら  

エコウォームについて詳しくはこちら  

環境試験について詳しくはこちら  

太陽近似光日射設備について詳しくはこちら  

サーモウェーブ・ダッシュフリーザーについて詳しくはこちら  

セントラル方式空調機TUCシリーズについて詳しくはこちら  

スポットクーラー「助っ人」について詳しくはこちら  

Voxcel(ボクセル)について詳しくはこちら  

株式会社トーマスについて詳しくはこちら  

 

ページのトップへ戻る